2009年08月16日

USB+AAでiPhoneは充電できるのか?

最近、「PowerFilm USB+AAチャージャーでiPhoneが充電可能でしょうか?」というご質問を受ける事が多くなって来ました。
そこで、実際に確かめるために検証テストを行いました。

iPhoneをお使いの方はお分かりかと思いますが、ことiPhoneに関しては社外品のチャージャーに対しての相性が非常にシビアなようです。
私自身iPhoneを愛用していますが、シガーアダプター(DC12V)タイプの汎用USB電源では未だに正常に充電出来る製品に当たった事がありません。USB+AA使用時も、基本的に継ぎ足し充電しかしておらず、お問い合わせに対してもそのようなニュアンスをお伝えしていましたので、改めてPowerFilm社に「iPhoneには対応しているのか?」という質問を投げかけてみました。

回答は、

・以前よりiPhoneには対応している。
・PowerFilm社が出荷するUSB+AA製品に関し、特定のロットから「iPhone対応」とした事実は無い。

との事でした。

が、しかし、米国のメーカーですので、この回答を鵜呑みにするのも不安ですので、実際に試してみました。
当店前はビルの谷間になりますので、東京体育館横の広場まで出張テストです。

iphone_test_place.jpg

前準備として、iPhoneを電源が入らない状態までバッテリーを使いきり、AC充電器で満充電にしたeneloopをUSB+AAにセットしておきます。
試験日時は2009/8/16 16:15で、天候は快晴、ごくまれに太陽を高層雲のベールが薄く覆うコンディション。
植え込みを利用し、なるべく太陽に正対するようにUSB+AAをセットしてから、iPhoneに純正ケーブルで接続します。
シチュエーションとしては、自転車でポタリングしている最中にiPhoneの電源が切れてしまったので、その場でソーラーチャージというケースです。
ストップウォッチ代わりにGARMIN Oregon300を傍らに置き、計測スタート。

iphone_test_setting.jpg

接続当初は、ご存知のイナズママークでiPhoneでは一切の操作が出来ません。
相性の悪いチャージャーですと、この状態で数時間経ってしまう事もあります。
炎天下、汗をかきながら不安一杯で待ちます。

iphone_test_ind.jpg

チャージングインジケーターを確認すると、連続して点灯したと思うと次にはゆっくりとした点滅になったりしています。という事は使用電力よりも発電電力が上回っているのでしょうか?

半時ほど経過した時、iPhoneから聞きなれた「ピロッ」という音が聞こえてきました。
ストップウォッチのラップボタンを押してみると、34分経過していました。
ここまで来れば、とりあえずiPhoneは使用可能です。

iphone_test_ready.jpg

写真が汚くてすみません。
保護フィルムが傷だらけで確認しづらくなっています。
ここで、イナズママークが消え充電状態が表示されたのですが、この間に着信があったために直ぐに別の画面が表示されてしまいました。
そのため、再度、この充電状態表示に戻すために1〜2分掛かっています。

テストは継続していたものの、その48分後、太陽が傾きビルに隠れてしまいました。
ここまで太陽の恵みを受ける事ができたのが合計1時間22分。
ここからは、フローティング充電されていた単3型2本のeneloopのみが頼みの綱になります。
iPhoneにケーブルを接続したまま、USB+AAを丸めてお尻のポケットに突っ込み店舗まで戻ります。
店舗に戻り、機器を並べながらiPhoneを見ると、充電の赤色バーが少し伸びていました。
ストップウォッチの時間は01:33:12を示しています。

iphone_test_red2.jpg

そして、更に赤色バーが延びたのが、01:35:16。

iphone_test_red3.jpg

順調に充電が進んでいっています。
その後も、適当なタイミングを見計らいながらiPhoneの□ボタンを押しながら充電状況を確認したところ、以下のように推移していきました。
※電池マークの幅が27mmあり、緑色バーの長さと併記しています。

01:40:00 緑表示へ、 8mm/27mm
01:50:00 緑表示 10mm/27mm
01:55:00 緑表示 14mm/27mm
02:00:00 緑表示 18mm/27mm
02:10:00 緑表示 21mm/27mm
02:40:00 緑表示 23mm/27mm
02:50:00 緑表示 eneloop電池切れ

iphone_test_green5.jpg

上記写真は一度電池切れになった後、撮影用に別の電池を入れたものです。

以上、PowerFilm.jpによる独自のテスト結果になります。
如何でしょうか? iPhoneでも問題無さそうですね。

しかしながら、数度のランニングチェンジ(マイナーチェンジ)を行っているに関わらず、PowerFilm社からの回答では、冒頭でも書きましたが「以前から対応しており、特定のロットから特別に対応した事実は無い」という微妙な解答しか得られていませんので、当店としましては、特に「iPhone対応」と明示する事は致しません。

ご購入検討のお客様はこの検証結果をひとつの材料として、ご検討頂ければと思います。
また、その他、店頭常設のデモ品でいつでも検証して頂く事が可能ですので、特定機器でのご使用で動作がご不安なお客様に関しましては、是非、ご自身でお確かめの上ご購入される事をお勧めいたします。

PowerFilm.jp
ラベル:iPhone USB+AA
posted by PowerFilm.jpスタッフ at 19:20 | TrackBack(0) | インプレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。