2010年06月28日

PowerFilm USB+AAの供給状況につきまして

本日、2件の同じお問い合わせがありましたので、こちらでもご紹介。

お問い合わせ内容は、

 「PowerFilm USB+AA は故障が多すぎるために米国からの出荷が停止されている?」

でした。

 そういった事実は一切ございません(笑)

 pw_item.jpg過去のエントリーでもお知らせしていますが、PowerFilm社製品は米国製ですので、品質はそれなりです。
そういった事もありまして、PowerFilm.jpでお取り扱いしている製品はインポーターでの検品、当社入荷時には店内照明を使った同一場所による発電反応チェックをするという、国内二重チェックを行っています。

そして、この日本品質の検品でエラーとなった製品は、インポーターが本国へ返送しています。

但し、USBバスパワー充電に関してはPowerFilm製品に限らず、相性問題も存在し、難しい面があるのも事実です。規格上は500mAhであるにも関わらず、1000mAh以上を要求する機器が多く存在するあたりも、その理由かと思います。

さて、話を元に戻しますと、なぜにそのようなデマに近い情報が独り歩きしているのでしょうか?
火の無い所に煙はたちません。

PowerFilm.jpでもご案内していますが、米PowerFilm社は独占販売権をいかなる組織にも与えていません。事実、PowerFilm社から直接日本国内に輸入している業者や個人は、幾つか存在しています。また、裏を返せば、例えば、自宅を使ってひとりで輸入販売しているような個人事業主であっても「正規販売」などと掲示し、ユーザー様や販売店様に独占販売元と錯覚させ、安心感を植え付ける事も可能な訳です。

邪推ですが、
 数ある輸入元の一業者(一個人?)が、色々な大人の事情で出荷を止められてしまった?
 検品をせずに商品を販売したために、その対応に追われて取り扱いを敬遠している?
等など、そういったおおっぴらに出来ない理由をカモフラージュするために、苦し紛れの噂話を流しているのではないかと?
勘ぐりたくなってしまいます。

当社では、今まで通り問題無くお取り扱いをおこなっておりますのでご安心下さい。
販売店様へは業販による卸対応も行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

また、製品保障やサポートは取り扱い業者別に独自で行っておりますので、ご注意頂ければと思います。


posted by PowerFilm.jpスタッフ at 20:44| Comment(0) | 入荷情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。